SSブログ
Zoom / シャンパン ブログトップ

Paris のAveline Galleryを会場にしたレア・シャンパーニュ『Rare 2008』オンラインセミナー [Zoom / シャンパン]

     シャンパン部門で最高賞に輝いた『レア2008』

Robb Reportが発表した、“2021年世界最高のワイン”で、シャンパン部門の最高賞に選出されていたのがレア2008でした。
今世紀の秀逸なヴィンテージ なので、日本上陸を待ち遠しく思っていたところ、6月初旬、『レア2008』のローンチウェビナーがあり、ひと足早くテイスティングすることができました[わーい(嬉しい顔)]


アヴリーヌ・ギャラリーの特別な空間 クリックで拡大可
輸入元日本リカー様経由で、先週、会場で撮影された公式画像が届きました。撮影者はAnthony Dorfmann氏です。掲載している3枚は知的所有権の関係上、転載はご遠慮願います。宜しくお願いします。

 セーヴル焼の製陶280周年の展覧会 × レア2008


 レジス・カミュ最高醸造責任者とローンチパーティに参加したワイン関係者


 カミュ氏はレア 2008を“L’INFINI(無限)”と形容!
「2008年ヴィンテージの余韻の長さから 思いついた」とコメント

[イベント]Les Petits Plats dans les Grands@Aveline Gallery
2020年12月10日~2021年6月6日まで開催されました。国立セーヴル陶磁器製作所の設立280周年を記念した催事で、ギャラリーのオーナーであるマレラ・ロッシ女史は、その一環として、10年前にユネスコ世界無形文化遺産に登録された「食の伝統」もテーマに加え、イベントの核となる唯一のシャンパーニュ・メゾンに、レア・シャンパーニュを選びました。

展覧会では、古代から現代までのフランスの魅力的なガストロノミーの歴史が、約1,000点の展示で紹介され、そのなかの約半数はセーヴル国立陶磁器美術館の豊富なコレクションからの出展でした。コラボレーションの素晴らしさはYouTubeで垣間見ることができます!


 ローンチウェビナーで“無限”なレア2008を探求  
 
 世界に向けた『レア2008』ローンチウェビナーは6月8日に行われました。
 パリ時間の10時(東京は17時)からスタート、
 日本が世界で一番最初の相手国でした、ハッピー!
  
 
 18世紀のフランスの家具職人 アンドレ=シャルル・ブール(1642~1732)
 彼のアンティーク家具が設えられた特別な空間

 シェフ・ド・カーヴのレジス・カミュ氏はこの場所からレア2008について発信。
 隣席はレア・シャンパーニュのディレクター、モード・ラバン女史
 

 
 レア2008の熟成ポテンシャルは2040~2045年頃 
 レアの初ヴィンテージは1976年、79年、85年、88年、90年、98年、99年
 2002年、2006年 そして2008年。また、レア・ロゼは2007年が初ヴィンテージで、
 昨年 2008年がリリースされました。



カミュ氏が惚れ込む2008年と2006年 
2008年は温暖で雨の多い冬、春にも雨は続いたが、爽やかな気候だった。6月半ばにぶどう畑を寒さが襲ったが、7月と8月は好天に恵まれた。9月は乾燥して涼しく、ぶどうは完全に熟した状態で収穫できた。2008年は10年間の平均気温より低く、2006年(10年間の平均気温より高め)と比べると真逆な天候と言える。
2008年と2006年は別格で、ともにレアのシグネチャー(長熟のポテンシャルを備えている)を感じさせるヴィンテージである。2008年のシャルドネはトニックでミネラルが多く、また、ピノ・ノワールはフルーティーでストラクチュアがある。2006年は温かさを感じさせる“太陽の恵み”と形容できる。片や、2008年は“無限”、絶えず変化を繰り返し、ピークを迎えるのはまだまだ先だが、間違いなく特別なヴィンテージである。


 カミュ氏はレア2008について、以下のように語っています。

レア2008は、私にとって“無限”と同義語。このヴィンテージから感じ取れる活発さとフレッシュさは無限で、その存在感は長く続きます。口に含むと、さらに正確で調和の取れた状態へと昇華していきます。オリエンタルなニュアンスが際立ち、今飲んでもすでに完成されていますが、並外れた複雑さとミネラルの個性が無限のポテンシャルを予感させます。
 
正確さと品格を備えた1998年ヴィンテージは、2008年に近いと思います。時をどのように超えて(経て)いくかというと、1979年に似ています。このヴィンテージには今でもフレッシュさがあります。2008年ヴィンテージは特別なアイテムであり、今後、何十年も時を重ねていけると思っています。


  カミュ氏によるテイスティング・コメント

色調は輝きを放つきらめくような印象。(シャルドネ由来の)グリーンの陰影があり、13年経過したシャンパーニュにしては素晴らしい色合い。気泡はとても繊細で、口中に広がる細かな気泡が爽やかさを感じさせる。

アロマは春の香り、フレッシュでフローラル。ヨードやミネラル。10年から20年は、このような味覚が続く。エキゾチックフルーツ、切り立てのパイナップルやパッションフルーツ。2006年ヴィンテージと比べると、歯触りを感じる洋梨のニュアンス。アロマ豊かで余韻は長い。デリケートでエレガント。

供出温度によって表情を変えるシャンパン
バランスが取れている2008年ヴィンテージ。爽やかさが表現できるので供出温度は8度~、フレッシュな状態からサービスして欲しい。グラス内の温度が上がると複雑さやストラクチュアを感じる。同じことを2006年ヴィンテージ(温暖な収穫年だった)で行うと、室温(20度)に近付くにつれて、活発さが強く出てくる。

熟成による香りの変化
リリースして15年くらいまでは、爽やかさやエキゾチックな部分が楽しめる。15~20年すると、スパイシーな要素が加わり、ワイルドスパイス、焙煎香、オリエンタルなニュアンスが出てくる。植物的なシルキーさ、白檀やお香、古いラム酒、葉巻(今の1988年に顕著)
を感じることができる。

クリュについての考え方
どこのクリュを使うかより、クリュをどのくらい使うかのほうが大事。レアはシャルドネ70%、ピノ・ノワール30%だが、シャルドネはモンターニュ・ド・ランス(ヴィレーヌ・マルムリー、トレパイユ、ヴィ―ドマンジュ等)のぶどうが多い。ただ、敢えて言うなら、コート・デ・ブランのアヴィーズはシャンパーニュに多くのミネラル感、モンターニュ・ド・ランスのヴェルジーはトニックな要素を与えてくれるクリュだと思っている。



 トニックとは
 今回のテイスティングで、聞き慣れない表現がありました。
 “トニック”です!

「日本だと柚子」とカミュ氏。グリーンライム、グレープフルーツ、マンダリンオレンジのような、爽やかさをもたらす柑橘系果実の酸味を表わす時に使っているようです。
人間に対して形容する時は、「活発で爽やか、知性に富んでいる」という意味合いになるとのこと。カミュ氏から、「あなたはトニックだ」と言われたら、喜ぶべき!


セミナー終盤、「日本語が聞けて良かった。できれば皆さんと同じ空間にいたかった」と語り、日本への渡航を心待ちにしている様子でした。 
私たちも、早くその日が来ることを願っています!!


 青山とパリを繋いで
 
レア・シャンパーニュの本間寿一ブランド・アンバサダーと輸入元 日本リカーの嶋﨑ゆかりブランド・マネージャーは青山のリーデル・ジャパン本社のテイスティングルームからレジス・カミュ氏と交信

当初は、参加者を少人数に絞り、テイスティングルームで行う予定でしたが、緊急事態宣言の延長を受け、招待者はそれぞれオンライン形式で参加することになりました。結果的に、レア2008を独り占めできたので、これは仕事冥利(笑)
関係者の皆さまは大変だったと思います、お疲れ様でした!


             🥂 🥂 🥂 🥂 🥂 🥂 🥂

 マイ備忘録/2種のグラスで利き比べ
 素晴らしいシャンパーニュなので、グラス違いでテイスティングしてみました!

 リーデルのドン・ペリニョン グラス(DP)(左)、スーパーレジェーロ(SL)(右)

カミュ氏が表現していた個々の要素を的確にとらえることができたSLグラス
ハンドメイドならではのグラスの薄さと口元のソフトな感触が、レア2008をファミニンなタッチで受け止めてくれる印象。舌の前方に気泡の刺激。香りは華やかに広がり、白い花や柑橘系果実、白胡椒、塩味を伴うミネラル感、時間の経過でナッツ、酸の存在は直線的ではなく、横に広がるイメージ。飲み込んだ後、喉の奥に厚味、長い余韻。

緊張感、メリハリ感で迫ってくるDPグラス、SLとは対極的なマスキュランな印象。泡の刺激はSLよりソフト。杏、白桃、マンゴーのような種の大きな果実、酸を予感させる香りがそのまま口中で明確な酸味となって広がり、その後、厚味と旨味が支配。2008年ヴィンテージの最大の特徴である“酸味”を強く感じ取ることができるグラス。鼻腔から抜ける果実味、舌の奥に広がるミネラル、余韻の広がり。
DPグラスの底力を知る意味で、できるだけ多くのシャンパーニュを試したい気分!

 絶え間なく連なる繊細で緻密な気泡
 泡沫は輪のように広がって


 製品名:レア・シャンパーニュ レア2008
 ぶどう品種:シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%
 ドザージュ:9.5gをベースに7~10.5gで調整
 希望小売価格:25,000円(税抜)
 発売予定日:2021年9月1日(水)
 販売地域:全国
 製品の問い合わせ先:日本リカー株式会社事業部 03- 5643-9772

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランスと繋いでレジス・カミュ シェフ・ド・カーヴと『レア・ロゼ2008』をテイスティング [Zoom / シャンパン]





Robb Reportの、“2021年の世界最高のワイン”と題する記事についてはペンフォールズの項に追記してありますが、シャンパン部門では『レア・シャンパーニュ2008』が最高賞に選ばれていますね、おめでとうございます!
本国フランスでは昨年6月にお披露目されたレア・シャンパーニュ、日本での発売は5~6月頃になるようです。2008年は21世紀の秀逸なヴィンテージ (VT) なので、上陸が待ち遠しいです。


ブログでは、カミュ氏が紹介したレア・ロゼ の最新VT2008にフォーカスします!
タイトルにもあるように、昨秋、東京とシャンパーニュ地方のランスを結んで、少人数の招待者を対象にしたオンラインセミナーが開催されました。シェフ・ド・カーヴのカミュ氏がコメンテーターをなさいましたが、コロナ禍でなければ、20回目の記念すべき来日になっていたので、「リモートで実施できることは嬉しいのですが、日本に行けず、本当に残念です。新VTのお披露目は、自分にとって大きなイベントだと思っています」と心情を語っていました。
現在 レア・シャンパーニュは、2018年にパイパー・エドシック から独立して、独自のブランドになっています。それに伴い、カミュ氏もレア専属のシェフ・ド・カーヴになりました。


  爽やかさとミネラル分と優雅な優しさを備えた2008年
 披露されたレア・ロゼ2008、希望小売価格6万円(税抜)

参考データとして・・・
レア・ロゼの初VT2007がリリースされた2016年は、レア名を冠したシャンパンは、パイパー・エドシック (PH) のトップ・キュヴェという位置付けでした。同年PHのブノワ・コラール代表が来日した折、、極上シャンパン『レア・ロゼ2007』誕生の経緯等についてインタビューさせていただきました。カミュ氏が何故ロゼを造ったのか。その熱き思いをご理解いただけると思いますので、リンクしておきます。



  初のオンラインセミナー
IMG_7364.jpg
 シェフ・ド・カーヴのレジス・カミュ氏とマーケテイングのジェスタンさん
 日本時間の13時30分に開始、サマータームだったのでランスは早朝6時30分


  2008年を簡潔に言うと“優美さ”
  ヴィンテージの格付けはしない(年の良し悪し)カミュ氏
  それに代わるワンワードを決まり文句にしています。
  2008年は“優美さ”“です!!

  2008年の気候を振り返ると・・・相反する状況が次々に到来
  冬は全く雪が降らず、温暖であった。
  穏やかな冬の後、雨の多い春になり、気温は低め。
  開花は6月中旬、夏は冷涼。
  9月第2週からの収穫は素晴らしい日差しのもとで行った。
  2008年は比較的気温の低い年であったと言える。


 レア・シャンパーニュのファーストVTは1976年
 それから約半世紀で、レア名を冠したシャンパンの生産は現在までで、わずか“11回”

 カミュ氏のテイスティングコメント

シャルドネは溌剌としてミネラルが豊富。ピノ・ノワールはフルーティでストラクチュアがありました。緊張感があり、バランスが取れた長熟タイプのシャンパンと言えます。すべてにおいて、レア・シャンパーニュを造るための肯定的な条件が揃っていました。
色調はバラの花びらを連想させ、かすかに赤銅を帯びています。2008年を表現する“優美さ”は色にも出ていて、デリケートで深みがあります。持続性に富んだ繊細な気泡、アロマは爽やか、春の雰囲気をまとっています。赤い果実や黒い果実(こけももやブルーベリー等)、柑橘系果実やエキゾチックなスパイスも感じます。
 
  
    マリー・アントワネットの時代から使われていた瓶型
    
    左はドゥ・ヴノ―ジュのトゥール・エッフェルのボトルです。
    塔の絵柄が均等に描かれているので、左右対称なのがわかります。
    右のレア・ロゼの首から肩のラインまでを、ご覧ください。
    黒で描いた矢印の位置から下に続く曲線が若干異なっていませんか?

    これはマリー・アントワネットの時代に使用されていた瓶“パントマジェール”
    当時は職人が手吹きで造っていたので、左右が微妙にずれていました。
    1980年代から、機械での生産が可能になりましたが、
    レアは、職人への敬意と感謝の気持ちを、今もボトルに反映させています。
    


 ラベルではなく“ティアラ”
 クリックして細部までご覧くださいませ!
 130ヶ所の糊付けで仕上げられている熟練職人手作りのティアラ


E38386E382A3E382A2E383A9E4BD9CE68890.jpg
 画像協力:パイパー・エドシック
 ティアラ作成中の銀職人さん
 ボトルのティアラは若手デザイナーのアルテュス・ベルトランさんが手掛けており、
 ぶどう畑からインスパイアされた葉や樹を表現しています。


  カミュ氏からいただいたメッセージ
  参加者ひとりずつに手書きでメッセージをくださったカミュ氏
  日本 or シャンパーニュでの再会を期して🥂

 ◆レア・ロゼ2008は2020年10月20日から出荷されています。
 製品についてのお問い合わせ先:日本リカー株式会社 事業部 03-5643-9772


 

 2月3日は124年振りの“立春”、今日は春めいた穏やかな日和でした。

              ☆☆☆☆☆
 緊急事態宣言の期間が延長されたので、2月のシャンパン講座も時間変更して行います。
 講座生の皆様には毎回ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願いいたします!!


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テタンジェ『コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン2008』は和の伝統芸術と融合!! [Zoom / シャンパン]

  日本限定のテタンジェ『コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン2008』
  資料提供:サッポロビール
  和紙デザイナーの堀木エリ子さんとクロヴィス・テタンジェ社長


  クロヴィスさんからのお手紙&堀木さん手漉きの和紙


      リミテッド・エディション BOX入り 2008年ヴィンテージ
      発売は2020年10月27日・全国/限定2008本
      参考小売価格:35,000円(税別)



 2020年10月27日@アンダーズ東京

コロナ渦中で来日できなかったクロヴィスさんは、ランスにあるテタンジェのガロ・ローマ時代の遺産白亜のカーヴからオンラインでご挨拶




 アンダーズ東京で発表会
 30名弱の招待者は、ソーシャルディスタンスを保って参加


 輸入元サッポロビール(株)の髙島英也社長と堀木エリ子さんのトークセッション

「日本の和紙は、もともと、白い紙が“神”に通じると言われており、白い紙は不浄なものを浄化するという考え方がありました。人にお金を渡すときも、“白いのし”に包むことで浄化して差し上げることになります」、「和紙の場合もシャンパンの場合も自然と向き合って作るものなので、自然の偶然性や、その時のぶどうの状態があり、人間の思い通りにいはいかないものです」と堀木さん。

テタンジェの白亜のカーヴを訪ねた時は「シャンパンが眠っている感じ、呼吸している空気感、聖域の気配がありました。本物とは何かを考えた時、もの作りのなかで完成したものも素晴らしいのですが、その過程も素晴らしい」と述べていました。


 髙島社長と堀木さんのフォトセッション、ナイススマイル!


        2008年ヴィンテージはバランスに秀でてフレッシュ
   「緊張感、純粋さ、塩味、洗練性、折り目正しいアロマ」とテタンジェ社

            4層の和紙から成る特別パッケージ
      堀木さんの自筆のサイン、シリアルナンバー(No.1~No.2008)入り
      通常のコント・ド・シャンパーニュは11月10日発売予定


 ルーフトップスタジオのテラスでテイスティング、グラスはバカラ!

バカラはテタンジェのアドバイザーであり、堀木さんは2011年にバカラとのコラボレーションで糊を使用しない越前和紙製のシャンデリアを製作しています。


 堀木作品の展示も
 糊を使わないで立体的に漉きあげた和紙

 発売当時のラベルも懐かしい6ヴィンテージ
 トップキュヴェ『コント・ド・シャンパーニュ』は最良年のみ生産
 ファーストヴィンテージは1952年、最新は2008年、全部で37ヴィンテージです。








 製品についてのお問い合わせはサッポロビール(株)お客様センター
 電話:0120‐207-800

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ネーミングチェンジしたビルカール・サルモンの新顔『ブリュット・ナチュール』 [Zoom / シャンパン]

  ビルカール・サルモンの新製品『ブリュット・ナチュール』
(C) CLeif Carlson
 (C)Leif Carlsson

10月に従来からの『エクストラ・ブリュット』から、装いも変え、スタイリッシュになってデビューしたビルカール・サルモンの『ブリュット・ナチュール』

 シャンパーニュのマレイユ・シュル・アイ村からオンラインで



10月初旬に同メゾンのアントワン・ローラン=ビルカールさんがオンラインテイスティングセミナーで経緯、アイテムの詳細について解説しました。


家族経営を貫く『ビルカール・サルモン』は2年前に200周年を迎えました。
日本で行ったお祝いの席で、来日していたアントワンさんが、「伝統の尊重、あくなき品質の追及」を宣言していましたが、いつ飲んでも裏切られることがない、安定した酒質のシャンパンはホントお薦めできます!

ニュースサイトワインのこころで紹介したので、ご笑覧いただけると嬉しいです!!

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
Zoom / シャンパン ブログトップ