So-net無料ブログ作成
ワシントン/オレゴンワイン ブログトップ

百聞は一見に如かずの『クリストム』、必見の土壌、絶対に外せないピノ・ノワール [ワシントン/オレゴンワイン]

クリストムからの嬉しいお便り

Tom Gerrie san(left) & Randy Ford san at the Eileen Vineyard
オーナー兼ワイングロワーのトム・ゲリーさんと営業副社長のランディー・フォードさん

一昨日、クリストムの輸入元中川ワインさんから嬉しいメールが届きました。
営業副社長のランディーさんが、ワイン王国10月号に掲載しているワシントン・オレゴンハーベストツアー2019の記事を素晴らしいと褒めてくださったメールでした。

I have attached a picture of Tom and I picking some of the very last fruit from the the estate, Eileen vineyard! Please share with Ms. Fumiko Aoki if you wish and give her our best regards.
との文面がありましたので、私も添付していただいた画像をブログでシェアすることに!
アップ予定の記事の順序を入れ替えて、今回はクリストムにフォーカスします。

7月の現地訪問では、クリストムのぶどう畑から強烈な印象を受けました。
以下の画像は、すべて拡大して見れるようにしてあります。
青木目線で捉えた躍動感が画像からお伝えできると確信しています!


クリストムの2つの土壌
クリストムの創業は1992年、オレゴン州ウィラメット・ヴァレーのエオラ・アミティ・ヒルズの中央東側に位置するワイナリーです。オーナーのトムさんが車で連れて行ってくれたのは、自社畑で標高の一番高いアイリーン・ヴィンヤード(210m)で、ここには2つの異なるタイプの土壌が存在しています。
余談ですが、我々が訪問する少し前、ピノ・ノワール・セレブレーションが開催されていたので、参加していた200名余りがクリストムを訪れ、ぶどう畑の視察を行ったようです。

1つ目はウィッツェル土壌
1500~2000万年前の火山活動で流れ込んだコロンビア・ヴァレー玄武岩、これはウィッツェルソイルと呼ばれています。オレゴン州ではエオラ・アミティ・ヒルズの一部に少量分布しています。かなり深く掘ってあるので、細かな観察ができます。


乾燥した土壌で、拡大すると白くなった部分が見えますが、これらは風化したものです。
ウィッツェルソイルからできるワインは凝縮感があり、ビッグなスタイルになるとのこと。


固く見える玄武岩、でも、手で簡単に割れます。


火山爆発で流れ込んできた溶岩は冷え固まっていく段階で、棒状の塊になり、それが年月とともに風化していきます。画像にある大きな塊は地中から掘り出されたものです。

2つ目はジョリー土壌

オレゴンの典型的な玄武岩の火山性土壌ジョリー。粘土質で鉄分を含み、保水性があり、色は赤味を帯びています。この土壌からできるワインはミネラル、チェリーや赤系果実のニュアンスがあります。
アイリーン・ヴィンヤード内にある2つの異なる土壌は、それほど遠くない距離にあります。クリストムのワイン造りに重要な役目を果たすぶどう畑から、エネルギーが伝わってきました。

新AVA ヴァン・ドゥーザー・コリドー
今年1月、AVAに認証されたコースタルレンジの切れ目ヴァン・ドゥーザー・コリドーは太平洋からの冷たい風が吹きぬける通り道。夜中の1~3時に風速30mの風が通過するとの話でした。


この画像をLIVEで撮り、ホテルの部屋で確認した時の驚き、すごいパワー!



今年植樹したシャルドネのぶどう樹
クリストムではシャルドネも生産していますが、トムさんは「ピノ・ノワールと同品質のシャルドネの完成を目指しています」と語っていました。昼夜の温度差があり、エオラ・アミティ・ヒルズで最も冷涼なエリアのヴァン・ドゥーザー・コリドーで造るシャルドネは世界レベルのワインになること間違いなし、ワクワクします!

ワイナリーでのテイスティング

サーモンピンク色のエレガントなロゼ(日本未輸入)


ピノ・ノワールの利き比べ



#1:ピノ・グリ エステイト2017
1993年に植樹、自根、一部MLF、塩味、中盤から厚み。「ピノ・グリから感じ取ることができる上質感、それをシャルドネでも表現したい」とトムさん。アイリーン・ヴィンヤードに植樹したシャルドネ、そのスタイルの見本となるピノ・グリ
#2:ヴィオニエ エステイト2018
自社畑、1993年に植樹。収量低め。ステンレスと樽(使用樽)併用。一部MLF。輝きのあるイエロー、クリーンな酸、マイルド
#3:ロゼ・オブ・ピノ・ノワール2018
酸が綺麗で爽快、口中を洗い流してくれるワイン
#4:ピノ・ノワール マウント・ジェファーソン2017
自社畑のぶどう60~65%使用(アイリーン・ヴィンヤードのぶどう25%ブレンド)と買いぶどうをブレンド。天然酵母、47%全房発酵、スパイス、シナモンやカルダモンのニュアンス
#5:ピノ・ノワール アイリーン・ヴィンヤード2016
1997年植樹、ヴァン・ドゥーザー・コリドーの冷涼な風を受けて育ったぶどうはメリハリのある酸味と溌剌とした果実味とのバランス良好、ぶどうが熟すのが一番遅い
#6:ピノ・ノワール ジェシー・ヴィンヤード2016
1994年植樹、ウィッツェル土壌とジョリー土壌が交じる畑、クリストムのなかで一番急斜面。濃い果実の味わい、旨味、複雑味、長い余韻
#7:ピノ・ノワール ルイーズ・ヴィンヤード2016
クリストムがこの土地を所有して一番最初1993年に植え替えをした畑、風の影響を受けない森に囲まれたぶどう畑。熟すのが一番早く力強いワイン


2012年に創始者で父親のポール・ゲリーさんから所有権すべてを受け継いだトムさん
名前に関する情報では、ワイナリー名の『クリストム』は、姉のクリスティ-ンさんとトムさんに由来しています。また、自社畑で男性名が付いているのは唯一ポール・ゲリー・ヴィンヤードだけで、それ以外はすべて女性名になっています。

Wine and SpiritsでTOP100のなかに入っていたクリストム。Wine Spectator ではマウント・ジェファーソン・キュヴェ2017が9 Top-Rated Oregon Pinot Noirs for Fallの1本に選ばれていました。
テイスティングすれば、必ずその魅力にハマるクリストムのワイン
ますます目が離せません。

■製品についてのお問い合わせは(株)中川ワイン
℡03-3631-7979

タグ:クリストム
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

DELTA礼賛 3月から導入されたエアバス350‐900は超快適! [ワシントン/オレゴンワイン]

デルタ航空は成田空港から日米路線を撤退し、2020年3月から羽田空港に集約とのこと。
7月末にシアトル⇔成田便を利用した折、羽田発があれば・・・と思っていたので、私には嬉しいニュース!

シアトル便は3月に導入されたばかりの新機種A350-900


往路はデルタ プレミアム セレクト(プレミアムエコノミー)
その昔、スペイン取材でビジネスクラスを利用したことがありますが、海外取材の場合は基本的にエコノミーなので、今回はとってもラッキー!


シアトルまでの所要時間は約9時間、朝方の到着になるので機内でしっかり寝なければ。
そのための妙薬はシャンパンなのですが・・・


リストのスパークリングワインはイタリアのプロセッコ、数年前から扱っているとのお話でした。世界で一番出荷量の多い泡ものはプロセッコ、航空会社での需要は大きいですね!



離陸後すぐにサービスされるメインデッシュ、私は和食メニューを選択、味付けのバランスがとても良かったです。ビジネスクラス並みに食器も厳選、各人に白いテーブルクロスを敷いてくださることにもびっくり!

2012年秋にシンガポールでシンガポール航空の機内食ブック・ザ・クックについて取材しました。
現地のケータリングセンターで様々な料理、調理過程を視察したのですが、帰国後、和食部門を担当している『菊乃井』の村田吉弘料理長から「地上で食べてちょうど良いと思う味付けより、もう少し加味した塩梅が大事。 機内は湿度も少なく乾燥しているので、五感は鈍くなるため、味覚は地上の時より濃いめを好むようになります。そのための一工夫として“しんみりめ”の味つけが必要」と教えていただきました。その適度な塩梅“しんみりめ”の効いた上質な味わいでした。
ワインも同じで、地上で味わった時に飲み頃のものより、気持ちしっかりしたタイプのほうがおいしく感じるようです。


黒砂糖の和菓子も好印象



サプライズのシャンパン!
担当のパーサーと言葉を交わした時に、ワインの取材でワシントン・オレゴン両州に行くこと、シャンパンのスペシャリストであること等を話しました。「現地に着いたら自分で車を運転しますか?」と聞かれたので、「マイクロバスで移動します」と答えたところ、「それではデルタ ワンで出しているシャンパンを試飲させてあげましょう」とおっしゃってくださり、何と、機内でシャンパン体験をすることに。おかげで爆睡できました \(^o^)/


到着前の食事を前に、あらっ!


朝食はマッシュルームのフリッタータ トマトコンフィとチキンソーセージ
ランソンのシャンパンとシアトル拠点のスターバックスのコーヒー!

シアトル到着は24日朝9時過ぎだったので、なんとも贅沢なアサシャン、パワー充満できました。ありがとうございました!


復路はアップグレードして

帰路もデルタ プレミアム セレクトに再搭乗



トッド・スティーブンズ オレゴンワインボード・ワシントンワイン協会日本代表がシアトル空港まで送ってくださったのですが、空港でばったり朋友Maxさんと遭遇なさった由。彼はデルタ航空のパーサーで、私と同じ飛行機に乗務していたことから、デルタ ワンのリストの中から、10日間の取材の労をねぎらう意味で、シャンパンをサービスしてくださいました、ホント感激!


ボトルも見せてくださいました。


洋食メニュー
ベジタリアンメニューのフレッシュモッツレラ入りのラザニア カラブリア風トマトソース


機内でいただいた到着前のお食事はカプレーゼキッシュ アップルウッドでスモークしたヌイスキーズのベーコンとフルーツ



7月、8月のシアトル、ポートランドは湿気もなく、身体に優しい気候でした。
初ワシントン、初オレゴンも取材し甲斐のあるワイン産地でした。

その脚となってくれたデルタ航空の対応は温かく、スーツケースも最優先で、スカイプライオリティコーナーにまとめて揃えておいてくださる気配りは本当に嬉しかったです。
2ヶ月前のオーストリア取材で利用したフランクフルト空港&ルフトハンザ航空の印象がひどかったので、なおさら、デルタ航空の“ホスピタリティの質の良さ”を感じました。マイレージの期限なしというのも魅力です!
8月31日からA330-900neoの機種も導入されるとのことなので、ますます楽しみです。
感謝を込めて、Viva DELTA!

参考:https://deltasky.jp/313/

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【プロローグ】 オレゴン・ワシントン ハーベストツアー2019の全行程をさらりと振り返って [ワシントン/オレゴンワイン]

ワシントン / オレゴンワイン エクスペリエンス プロモーション2019研修ツアー


3月、4月の2ヶ月間、日本各地のレストランや小売店が参加して行われた『ワシントン/オレゴンワイン エクスペリエンス プロモーション2019』
両州のワインの魅力を多くのワインラバーに伝道した受賞者の皆さんは、7月24日~8月2日までの日程で研修ツアーに招待されました。



リーダーはオレゴン・ワシントン協会日本事務所代表のTodd Stevensさん、通訳は村田みづ穂さん。それから、受賞店ドミナス、ホテルローズガーデン新宿、パークハイアット東京、スイスホテル南海大阪鉄板焼みなみ、Vin 樹亭、鷲谷商店・ワインストアワッシーズと幸田株式会社 サチ・インターナショナルの皆さん。
私はワイン雑誌『ワイン王国』の記者として同行させていただきました。ワシントン、オレゴンともに中味の濃いプログラムを組んで素晴らしい対応をしてくださいましたので、そのリポートは同誌に掲載いたします。ご笑覧いただけましたら幸いです。詳細は後日お知らせします。


ここでは、全体の流れをさらりとお伝えします、私の備忘録!
シアトル到着24日のディナーはNine Hats


Long ShadowsのDane Narbaitzさん(右から6人目)、今ツアーの主催者Washington State WineのマーケティングマネージャーDoug Marshallさん(左から5人目)とワシントン州の農産物、総括経理担当のDavid McCalebさん(左から4人目)と一緒の記念ショット

この日は、早朝にシアトルに到着してずっと行動していたので、全員寝ていませんが、みんな元気な笑顔。あっ、ひとり足りない(笑)


さすがアメリカ、ピザの種類も大きさも!

25日ワシントン州ウッディンヴィル

シャトー サン ミッシェルでは世界でオンリーワンのワイン造り。対応してくださったのはエノロジストのHolly M. Wellsさん(最右)


真剣に正確な量を測って



『Fumiko's Blend 2015』はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、マルベック、カベルネ・フランの4種を使用しました。瓶詰のサポートをしてくださった女性から「アーティストシリーズ2014とブレンド比率が近いですね」と言われ、思わずニンマリ。我ながら、おいしいワインが完成したと思っています、誰と飲もうかな(笑)


ランチはパーカーポイント100点を4回ゲットしているクィルシーダ・クリーク。John D.WareさんとAlex Stewart さんを囲んで

お洒落なスポットBellevue Lakehouseで

Betz Family WineryのTim Steinkeさん(私の後方)とDelille CellarsのJay A Soloffさんとの合同テイスティングディナー


26日ワシントン州ヤキマヴァレー

Goose Ridgeでは畑の視察の後、スパークリングワインに特化しているTreveri Cellarsとアイルランドの愛国者の名に由来するOwen Roeを交えてのウォーキングテイスティング


ランチには新鮮な野菜がたっぷり


Goose Ridgeの4代目Taylor Monsonさんが朝摘みした旬のレーニア・チェリーをプレゼントしてくださり、全員狂気乱舞。今の時期にワシントン州に来ることができて最高!
 
シャンパンが登場したHedges

Hedges のChristophe Hedgesさん(左から4人目)の母上はシャンパーニュの出身で同地方に住む朋友と共にシャンパン造りをしているとのこと。今ツアーで初めてシャンパンが登場!


ヘッジスのディナーに合流したのはPowers、Double Canyon、Airfield Estatesの3ワイナリー


通訳は昨年のナパ・ヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)の研修ツアーの時と同じ村田みづ穂さん。現地の皆さんから深く信頼されています。


27日ワシントン州コロンビアヴァレー/ワラワラヴァレー


当初予定になかったCanoe・Ridgeに。ミズーリ洪水によって形成された玄武岩、それが風化したLoess(ワシントンではレスではなく“ラス”呼称)の土壌と岩石を視察。強風でひも付きの帽子でないと吹き飛んでしまう勢い。


ダグさんが一握りのロスを空中にまいた瞬間のショット、風の強さがわかります。
周辺には風力発電の風車が整然と並んでいて、その光景はホント見事(チリと似た印象)!

コロンビア・クレストでツアー&ランチ

カヌー・リッジとコロンビア・クレストは同グループ。案内をしてくださったVIP対応のMichelle Getchellさんは、ツアーにバレルテイスティングも盛り込んでくれました。

L'Ecole No.41で

1915年に建設された古い校舎がワイナリーになっているレコールの前で全員集合


Woodward Canyonでの合同テイスティングには、L'EcoleとDunham Cellarsが参加


屋外でのアペリティフタイム、大人気だったスペシャルチーズ


主宰のWoodward CanyonのRick Smallさん(前列左から4人目)、2代目Sager Smallさん(前列最左)、L'EcoleのMartin Clubbさん(後列最左)とDunham CellarsのJoanne Dunhamさん(後列左から4人目)
ディナーにはデキャンター誌でインターナショナルトロフィーを受賞したレコール『Estate Ferguson2011』も供出され受賞者の皆さん、大興奮!


28日ワシントン州・オレゴン州コロンビアゴージ

コロンビア川を挟んだワシントン州とオレゴン州からそれぞれ3ワイナリーが合流。自然を謳歌しながらのウォーキングテイスティングを楽しみました。


Anicheの精力的なマダムの手作り


エレガントなピノの造り手Phelps Creek、オーストリアの固有品種グリューナー・フェルトリナーのスパークリングを生産しているSyncline、超100年のジンファンデルの造り手The Pines、ガメ・ノワールが印象的だったIdiot's Grace、そして当日のホストAnicheはボルドー瓶のユニークなスパークリングを生産

ポートランドに移動して
IMG_5614 omise.jpg
Irving Street Kitchenで美味しいフランスパンに出逢えました!


ここからオレゴン編。Antica Terra、Archery Summit、Domaine Verdant、Twill Cellarsの4ワイナリーによるテイスティングディナー!

29日オレゴン州ウィラメット・ヴァレー

A to ZではエグゼクティヴワインメーカーのMichael Daviesさんが終始対応、彼はプレミアムワインのREX HILLも担当


畑で熱のこもった解説をしてくださったKen Wright CellarsのKen Wrightさん(画像中央)


ランチは奥様カレンさんの手作り、大好評でした!

自根のピノ・ノワール!

J Christopherで自根のピノ体験、口中の印象はラウンド!
おもてなしくださったのはKory Sumnerさん

訪問ワイナリーで唯一のソーラーパネル

ワイナリーで消費する電力の30%はソーラーパネルで対応しているというSokol Blosser


料理の彩りも味わいもナイス!


30日オレゴン州ウィラメット・ヴァレー

ErathではGary Hornerさんによるテイスティングセミナーとシャルドネを植樹予定の畑視察


スパークリングワインと言えばアーガイル、ノン・ドゼとドザージュありの比較試飲を体験


ベジタリアン用サンドもあり、気遣いたっぷり、量もたっぷり

フランスの名門がオレゴンに進出

訪問したかったワイナリーのひとつがDomaine Drouhin


オレゴンのレジェンドのコラボ!
The Eyrie VineyardsのJason Lett さん(左から4人目)とDomaine DrouhinのDavid Millmanさん(左から3人目)に突然栽培担当のPhilippe Drouhin さんが加わり、贅沢な時間になりました。



火山性玄武岩探究中の様子を鳥瞰。CristomのEileen Vineyardで解説してくださったTom Gerrieさん(白いポロシャツに帽子の男性)

31日オレゴン州 ロレーン・ヴァレー

オレゴンのピノ・グリの魅力にどっぷりつかりました。
プロのギタリストでもあるJustin Kingさんからスペシャルワインの供出!


Oregon Winegrowers AssociationのTom Danowskiさん(中央)、オレゴンワインボードのBray Margaretさん、Todd さん
お世話になりました!


Tomさんと記念ショット

実はKing Estateの後、南オレゴンへバスで移動してForisに伺う予定でしたが、南オレゴンで発生した山火事のため、中止に。結果、行程変更、ポートランドに戻ることになりました。南オレゴン訪問が実現すれば、ツアー初の出来事になったようです。山火事が大事に至りませぬように!

帰路の機内で

Viva DELTA!
Toddさんの朋友パーサーのMaxさんが乗務していたことで、サプライズ!
シャンパンを飲んで、元気に帰還できました。
現地ワイナリーの皆さんから伺った情報は、ワイン王国誌上でしっかり紹介させていただきます。

関係者の皆さま、貴重な時間をシェアさせていただき、ありがとうございました。それでは!!

■オレゴンワインボード・ワシントンワイン協会日本代表事務所
URL:washingtonwine.jp oregonwine.jp
TEL:03-5904-8950

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワシントン/オレゴンワイン エクスペリエンスの合間にシアトル散策 [ワシントン/オレゴンワイン]

“2019 ハーベストツアー”のフリータイム

海岸通りの『エリオット・オイスターハウス』で初ランチ


ツアーの主催者ワシントンワイン協会マーケティング・マネージャーのダグさん(最左)と同協会日本代表事務所のトッドさん(最右)と優秀店の皆さんとの顔合わせ。ちなみに、ワシントン州はホップの生産量が全米一なので、ブルワリーも多く、ビール好きには別天地!


牡蠣好きさんたちは大興奮!


牡蠣がダメなので、私はトッドさんお薦めのクラムチャウダーを選択。
長旅のあとのスープは最高!

ランチ後は名所散策

9時頃シアトルに到着したら、同日は終日行動なので、寝る時間はありませ~ん



人気のパイク・プレイス・マーケット


ワシントン州はホップだけでなく、リンゴの生産量も全米一!
ブルーベリーも大粒で実が濃く、佐藤錦似の味わいの旬のレーニア・チェリーにはハマります


新鮮な魚介類、大きなロブスター!


スターバックス創業の地シアトル、1号店の前は長蛇の列


スパークリング&シャンパンともに豊富な品揃え


ロゼワインの陳列スペース

チューインガムの芸術!?

観光客であふれていたガムウォール(使用したガムを張り付けた壁)の通り


インスタ映えするスポット!

シアトル到着日の束の間のフリータイム、五感の刺激になりました!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワシントン/オレゴンで出逢ったスパークリングワイン [ワシントン/オレゴンワイン]

7月24日シアトルに到着後ワシントン州のワイナリー、28日にはポートランドに移動してオレゴンのワイナリーを視察している途中ですが、これまでに対面したスパークリングを少しだけご紹介します。

ワシントンワイン協会のウェルカムアイテム
スパークリングに特化しているトレベリ・セラーズが口開け!
コロンビア・ヴァレーAVAのブラン・ド・ブラン


ドメーヌ・サンミッシェルが手掛ける泡
『エロイカ』で知られるシャトー・サン・ミッシェルのスパークリング部門ドメーヌ・サン・ミッシェルの泡もの。日本未入荷のアイテムがゲットできたのでシャンパン講座生のお土産に(どのアイテムかはまだ秘密)


若者向けの泡カン
これはシャトー・サン・ミッシェルが20代の若者をターゲットにしたカンのスパークリング(未輸入)。個人的にはロゼの酒質のほうが好み!


ワシントン州でシャンパン!
ワシントン州にある1987年創業『ヘッジス・ファミリー・エステート』のオーナー夫人アン・マリーさんはフランス・シャンパーニュ地方トレパイユ出身で、親しいお仲間とシャンパンを生産しています。ディナーにはロゼも登場しましたが、マグナムサイズで出てくる心憎い気遣い。






コロンビア・クレストのブラン・ド・ノワール
ワシントン最大規模のワイナリー。この泡は生産量が少ないのでセラードアだけで販売。同州のピノ・ノワールはそれだけでも珍しいのですが、コロンビア・クレストでは主としてこの泡もののために使っているそうです。


グリュナー・ヴェルトリーナーと対面
5月のオーストリア訪問ではオーストリアの固有品種グリュナ―・ヴェルトリーナーのワインを数多く試飲してきましたが、ワシントン/オレゴンのユニットランチに、大好きなグリュナーの泡が出てきてビックリ。丁寧な造りで白系スパイスの風味もあり、好印象。



ヴィーニョ・ヴェルデを意識したアルバリーニョの泡
ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデを意識して造ったボルドー瓶のスパークリング。3気圧でフレッシュ感を信条にしています。



明日は定評ある泡ものを生産しているアーガイル(輸入元ワイン・イン・スタイル)訪問も予定されているので、残りの日程でさらなる泡ものとの出逢いが、楽しみです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
ワシントン/オレゴンワイン ブログトップ