SSブログ
ドメーヌ・コーセイ ブログトップ

ドメーヌ・コーセイの新ヴィンテージ 樽違いの片丘メルロ2020&メルロ・ロゼ2021をマリアージュと併せてご紹介 [ドメーヌ・コーセイ]

  3月にリリースされた待望のヴィンテージ2020
 ドメーヌ・コーセイ 片丘メルロ フレンチオーク2020、同アメリカンオーク2020
 尊敬する味村興成エノロジストの2度目のヴィンテージ
 ともに樽100%(新樽および一空樽)、樽育成期間11ヶ月、無濾過で瓶詰め
 日本らしい“清涼感”を纏ったワイン
 2020年ヴィンテージのラインナップ



 
フレンチオークは深みのある紫色、アメリカンオークは赤紫色。香りは前者のほうが開いていて、後者は控えめ、2019年とは真逆でした。ドメーヌ訪問で、アメリカンオークの“カントン”が従来のそれとは一線を画す優れものであることがわかっているだけに、この香りの出方の違いにはホント興味津々。
前者には酸味やタンニンの要素、フレンチオーク由来の“品格”があります。後者はメルロの果実感、タンニンもまるくて飲みやすいので、渋味に慣れていない赤ワイン入門者には受け入れやすい味わいだと思いました。

味さんご自身、テクニカルシートに、「フレンチオークはトップの香味、甘いヴァニラ、豊かでまろやかに広がるタンニン、複雑で厚味のあるミドルと長く続く余韻。アメリカンオークはタイトな木目をとおし、ナツメグ、シナモンのアクセント、キャラメル、ブリオッシュ、トースティーナをニュアンスをあたえ、ワインに優雅さ、繊細なバランスをもたらします」と記していますが、厳選した樽と畑のぶどうとの関係を熟知している味さんならではの技量・才覚が発揮された2020年ヴィンテージです。

✥昨年11月にドメーヌ・コーセイを訪問してきました。ぶどう畑、醸造施設、樽へのこだわり等をリポートしています。樽についての記述はお役に立つと思います。


        2019年ヴィンテージについて少しだけプレーバック
       2020年12月、待ち焦がれていた片丘メルロ2019の、
       フレンチオークとアメリカンオークがデビューしました!
       2種のワインについては、ワインのこころで紹介しました。


 素晴らしい快挙
 2021年10月、仏ボルドーで開催された品評会
『ボルドー酒チャレンジ』で片丘メルロ2019 フレンチオークが最高金賞を受賞!!
 アメリカンオークも銀賞をゲットしました。
 同品評会は、世界の最も優れた酒、新しい酒を選出することを目的にしています。

 2019年秋から醸造を開始したばかりのワインが最高金賞受賞したことは、快挙であり、
 こころから賞賛できます!
 日本のミスター・メルロ 味さんの実力が評価されて、本当に嬉しいです!
 おめでとうございます[わーい(嬉しい顔)]

 
 【マリアージュ編】
 メルロ・ロゼ2021@Non Solo Vino
 ここ数年、私はもっぱら春菊生食派!
 熱を通すより、香りも味わいも馴染みやすく栄養価もあり
 イチゴとはイイ相性!

ぶどうを除梗・破砕後、タンクに入れ、その後、しばらくして淡いピンク色の果汁を別のタンクに引き抜いて発酵させるセニエ法、ステンレスタンクで低温でゆっくりと発酵させることで、フレッシュ&フルーティなスタイルに。「2021年は発酵で生じる炭酸ガスをほんの少し残して瓶詰めしています」と味さん。
色調はサーモンピンク、ソフト&木目細かいタンニンの存在、中盤から広がる酸味は好印象。レモンやイチゴの酸と素直に同調。鯛の桜蒸しは塩味が繋ぎ役になり、桜蒸しのとろみと旨味が無清澄・無濾過のロゼの旨味と相乗、万能選手のロゼ!


          お気に入りの京都『和久傳』のお取り寄せ
          鯛の桜蒸しはとっても美味!


 東京の人気スポット押上 スパイス・カフェ
 伊藤オーナーにお願いして、
 片丘メルロ2020の2種を持ち込ませていただきました!
 
      さまざまなカレーと合わせて
      真鯛とホタルイカのカルパッチョ × フレンチオーク
  ホタルイカと合せても臭みが出ずナイスバランスだったフレンチオーク凄すぎ!

      バターチキンのまろやかさ × フレンチオーク

      ラムキーマとビリヤニのスパイス感 × アメリカンオーク

 食べ飽きしないビリヤニ大好き

  つぶ貝と人参のビリニヤ、サンバル、チキンカレー
2019年ヴィンテージの時もフレンチオークは料理に寄り添ってくれたのですが、
新ヴィンテージも素晴らしい包容力。味村興成恐るべし!

ナツメグ、シナモン等の要素があるアメリカンオークが相性では優位と予想していたのですが、フレンチオークの懐の広さに脱帽。有意義で楽しい時間になりました!

ワイン王国webの記事もご笑覧いただけましたら幸いです🍷


      帰路は駅までスカイツリーを眺めながら

      たねやのもなかともびっくりの相性

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

念願だった『ドメーヌ・コーセイ』訪問、新シリーズ『チェリーボニカ2019』待望のリリース [ドメーヌ・コーセイ]

 長野県塩尻市片丘にあるドメーヌ・コーセイ訪問記
 2016年4月に植樹したALive/アライブ畑
 すべてのぶどう畑にバラの名前を付けています!
 風がとても強い場所で、ここは畝の向きが南北。

  
尊敬する味村興成エノログと6年振りに再会できました!
メルシャンのチーフワインメーカーだった味さんは、2015年に同社を辞め、ワインのコンサルタント業をした後、2019年にグループレゾンが立ち上げたDomaine KOSEIの取締役社長に就任。
ドメーヌ・コーセイはメルロに特化したワイナリーで、味さんはエノロジストとして活躍しています。敬意を込めて、日本が誇る“ミスター・メルロ”と形容したいです!

昨年12月、待望のワインが届き、テイスティングすることができました。経緯はワインのこころで紹介しました。それから、ワイナリー訪問できる日を楽しみにしていましたが、コロナ渦中で思うに任せず、この11月に、やっと念願が叶い、訪問が実現しました。


 ドメーヌ・コーセイのぶどう畑
 総面積は10㌶で、植栽面積は5㌶
 今回は、Alive、Beverly、Cherry Bonicaの3つの畑を視察
 地図にも記載してあるように標高は670~680m
 土壌は礫(レキ)が多く、周辺の村には石や岩が付く名が多い由
 草を刈る機器の刃も痛むことが多いそうです。


 期待が持てるBeverly/ビバリー畑
 樹齢は同じでも太さに違いが出るのは水分ストレスの影響
 女性スタッフが仕上げた暗渠排水も設えてありました。


      凝縮感のあるぶどうができるCherry Bonica/チェリーボニカ畑
      以前は洋梨の畑だったところで凝縮感のある果実が収穫できる由
      チェリーボニカは11月でも開花していたのでビックリ!
      このバラはうどんこ病に強いようです。


  施設見学とテイスティング
 受け入れはしていないワイナリーなので、ブログでしっかりリポートします。

味さんが手にしている“円筒形の白い筒”は、ぶどうをやさしく扱ってくれる優れもの!
除梗機の内部に設置した筒は、上から投入されてくるぶどうが通り過ぎる時に振動して、
果梗から離れた粒を丸い穴から落としてくれる仕組みになっているので、梗や茎が入らず、
ぶどうの粒も傷つくことなく出てきます。

 樽貯蔵庫
 6社ほどのフレンチオークとアメリカンオークを併用
 貯蔵庫には90樽あり、将来的には130樽まで増やす予定


  特設テイスティングルーム 
  この日だけのスペシャルなテイスティングスペース



       味村エノログのナビで9種を試飲
       第1フライトは現在発売中のプライムシリーズ401、503、601
       第2フライトは樽違いのテイスティング
       第3フライトは近日発売のチェリーボニカ2019、参考出品ワイン


    
 第1フライトにフォーカス


 左から401、503、601/すべて新樽使用/販売価格3,300円(税込)

401 KIKYOGAHARA MERLOT2020
塩尻市桔梗ヶ原地区産の契約栽培棚栽培/一部垣根栽培のメルロ、桔梗ヶ原地区のぶどう85%以上、アメリカンオーク100%
503 SHIOJIRI MERLOT2020
塩尻市産の契約栽培棚栽培/一部自園垣根栽培のメルロ、塩尻市のぶどう85%以上、アメリカンオーク70%&フレンチオーク30%
601 SHINSHU MERLOT2020
長野県産の契約栽培棚栽培+須坂の契約栽培垣根栽培のメルロ、3つの中で最も垣根栽培の使用度高、フレンチオーク100%

「きれいなワイン」と藤野さん
マイベストは503でした。豊かなアロマとプラムの様な果実風味、心地良い酸味、ローストのニュアンスがあり、素直に楽しめた1本。帰宅後、3つのワインの分析表を確認した折、503は他の2つより、若干酸の印象があったので、料理と合せた時に応用が利くと感じました。メルロだけを造るワイナリーなので、それぞれの個性を生かしたワインを誕生させるべく、味さんの樽使いの技が反映されたアイテムだと感じました。


 コルクは左がディアム5、右がディアム10

 第2フライトは樽違いの利き比べ
 フレンチオークのシルヴァン、ナダリエ、ルモン、アメリカンオークのカントン

マイベストはナダリエ! アロマの立ち方や口中でのワインの広がり、果実味・酸味・渋味のバランス、余韻の残り方、酒質を生かしたエレガントさ、スモーキーな甘さが好印象。
後日オークバレル(ドメーヌ・コーセイと取引がある製樽商社)の早川社長に好みを伺ったところ、「ナダリエ」とのお答えに \(^o^)/


従来からのアメリカンオークのイメージを覆す存在だったのがカントン、目からウロコ体験でした。
ついつい、アメリカンオーク=ヴァニラと連想しがちですが、「カリフォルニアのリッジのアメリカンオークの使い方が参考になった」と味さん。色調を比べると一番紫色が強かったのがカントン。木材の木目の具合(そこから入る微量な酸素)、3年間のシーズニングがポイントなのかなぁと思うのですが、フランスの製樽技術とアメリカンオークの融合で、エレガントなワインになっていました。とても魅力的!


            o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

           番外編 樽についての考察 ちょっと寄り道

ドメーヌ・コーセイを訪問後、ソムリエ協会の機関誌編集長時代に組んだ特集No.85の「樽についての大研究」で取材させていただいたオークバレルの早川雅巳社長に樽メーカーについて質問してみました。各樽の特徴がわかるので、お役立ち情報として載せておきます。

  Sylvan/シルヴァン
 
サンテミリオンの製樽会社で、シルヴァン社長はフランス製樽業者協会の会長。オーゾンヌ、シュヴァル・ブラン、アンジェリュス、ペトリュース、ラグランジュなど著名ワイナリーとの取引が多く、海外輸出も好調。自家でオークを買い付け、メレン(割材)、自社ヤードで乾燥(シーズニング)等、すべてを実施。メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランに最適。赤ワインに厚みのある果実、スパイシーさ、ボディーを付与

  Nadalie/ナダリエ
 メドックの南西部にある製樽会社。
 スパイシーさ、スモーキーさが特徴。ボルドー品種に最適
 
Remond/ルモン
ブルゴーニュ地方サヴィーニ・レ・ボーヌにある製樽会社。樽材はヌヴェール、アリエール、トロンセ、ベルランジュ、ヴォージュ、センター(ロワール川に沿った広域)から産地指定ができる。他の製樽所が産地をうたわない中、今では稀有な存在。ロングトースト(MTL)、すなわち弱火で長時間トースティングする一部のブルゴーニュ伝統スタイルを世界に広めた。加熱変化が樽材深部まで行き渡り、芳香成分が多く出て、穏やかな火で表面を焦がさず且つオークにストレスを与えない。木目が開くので、ワインとのコンタクトを増し、木目の詰まったオークは長い熟成を要す。

 Canton/カントン

アメリカンオークを自然乾燥させるアイデアを広めた本家。20年前にタランソーに買収されて以来、フランスの製樽技術を反映。GC(グランクリュ)は3年のシーズニング。ウッドヤードは環境を考えて、風の吹く方向、小川の流れ、井桁積みの形などで行う。産地はアパラチア山脈より東からミシシッピ川まで。他のアメリカンオークにみられる過剰な木香が緩和され、ラクトンの甘味が全面に出る。


            o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。
             

2005年にメルシャン勝沼ワイナリーで、上野昇工場長、味村興成チーフ・ワインメーカー&安蔵光弘品質管理課長兼技術係長(それぞれ当時の肩書)のお三方を講師にして、贅沢なバレル・トライアル体験をしました。皆さん、お若い! 拡大可

         (C)Fumiko AOKI

          (C)Fumiko AOKI

          (C)Fumiko AOKI

味さんとの樽違いの利き酒体験はこの時が最初でした。その後、昭和女子大カレッジの講座生を引率して、勝沼ワイナリーを訪問した時に用意していただいたのが2回目。そして今回が3回目になりますが、日進月歩、大きな変化、進歩があることを実感しました。
11月の訪問時、味さんが「メルシャン時代、樽のことで多くを学び、遊ばせてもらった」と語っていたことを思い出しながら、2005年のこの出来事も、それに繋がる一コマと思いました。私にとっても貴重な経験でした!

偉大なポール・ポンタリエがご教授くださった樽のお話はコチラに載せています!


              o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

        [NEW] 11月29日リリースした『チェリーボニカ2019』
IMG_2619.jpg
        訪問時、リリース前のチェリーボニカを試飲


       [NEW]新発売
     ラベルも整い、11月29日に市場デビューした『チェリーボニカ2019』
     ご購入に関してはサロンドレゾンから


IMG_3560.jpg
  味さんから届いた製品案内 限定630本/ 販売価格6,600円(税込)
  日本らしい凛とした佇まいのワイン、熟成させることで本領を発揮するメルロ

IMG_2576 232323.jpg
 ぶどう畑でバラのプロフィールをチェック!


               o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。


 味村・藤野コンビの再現最高!
IMG_2621.jpg
 ドメーヌ・コーセイのワインについてコメントする藤野勝久さん
 メルシャン黄金期のおふたりとの時間を共有できて幸せ[わーい(嬉しい顔)]
 今回は、藤野さんと一緒に訪問したかったので、満足できました!

IMG_2661.jpg
 貴重な3ショット!!

醸造所で、「ドメーヌでは、6トン、5トン、4トンのタンクと、若い連中が新しいことにチャレンジしたがっているので小さな容器も使っています」と言及した味さんが、その後、麻井宇介先生の教えをちらりと語ってくれました。

「メルシャン時代、麻井さんから、毎年同じ仕込みをしていたのでは進歩がない。メルロだと、例えば、メルシャンが200トンとすると、中小は20トン。200トンは20トンの10倍の量だが、200トンを10トンタンクで仕込めば、メルシャンは20仕込み、中小は2仕込みになる。この20仕込みを同じ方法でしていたら何の進歩もない。でも、仕込み条件を変えれば、一気に、中小より10年先に進める」と。

麻井先生の教訓を、随所で生かしている愛弟子の味さん!
事業計画で最終的には35,000本の生産量が目標と語っていたので、味さんを慕う後進の醸造家たち、スタッフとともに、麻井マジックの極意を展開してくださると期待しています。

 ランチもお蕎麦3種のデギュスタシオン
IMG_2625.jpg
 ワイナリーから至近距離の場所にある『そば屋しみず』
 八ヶ岳山麓1,300mのそば農場で栽培された霧下そばをベースに、
 黒姫高原産のそばをブレンドして数種類の十割そばを提供しているお店
 この日は、利き酒ではなく、3種のお蕎麦の利き蕎麦をしました!

 コロナ禍のさなかの本当に中味の濃い時間でした、ありがとうございました!!


                o○.。o○.。o○.。

 [NEW]追記(2021年12月10日) マリアージュ探求@築地 ふぐ料亭 わのふ
 河豚 菊花造り/河豚皮、浅葱、ポン酢
 ワインとポン酢の酸味の相乗、繋ぎ役はもみじおろし

      存在感ありの伊東深水画伯の日本画

 
 ごま河豚の唐揚げ 酢橘を添えて
 舌の上の脂分を木目細かなタンニンが洗い流してくれる印象、酢橘でさらにスッキリ
 伊東深水画伯の美人画を背景にしたドメーヌ・コーセイのチェリー・ボニカ2019
 ポンタリエさんがおっしゃっていた「日本らしい清涼感」という言葉と合っています!!

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

味村興成さんの『ドメーヌ・コーセイ片丘メルロ2019』とDIAMとポンタリエさんの樽考察 [ドメーヌ・コーセイ]

昨日、ニュースサイトワインのこころに、シャトー・メルシャンの元チーフ・ワインメーカー味村興成エノロジストが手掛けた『ドメーヌ・コーセイ片丘メルロ2019』のフレンチオークとアメリカンオークについてのリポートをアップしました。


ワインに使用しているコルクはDIAM10で、味さんは「ナチュラルコルクにするかどうか、ずっと悩んでいましたが、コルク臭が出てお客様に不愉快な思いをさせることがあってはならないと思い、DIAMコルクにしました」と語っていました。

以前、日本におけるDIAMの正規代理店永柳工業(株)の丹羽社長が、DIAMプロセスについて「ひとことでいうと、“コルクを二酸化炭素で洗浄する”ということです。臭いを取るにはコルクの表面だけでなく、内部まで洗わなければなりませんが、二酸化炭素はコルクの内部まできれいにしてくれます。但し、普通の二酸化炭素ではなく、液状です。液状の二酸化炭素は“浸透力”と“洗浄力”ともに強力です。
ドライアイスは二酸化炭素の固体ですが、ドライアイスは溶けて液体にならずに気体になってしまいます。普通の状態では液体の二酸化炭素は存在しないのですが、高い圧力をかけると液体の二酸化炭素が現れます。DIAMプロセスに使われる二酸化炭素は73気圧、31℃の液体二酸化炭素です。
二酸化炭素は無味無臭無害、液状二酸化炭素は食品や化粧品の香味成分を取り出すのに広く利用されています。コルクの洗浄に利用されるのはDIAMが初めてです」と丁寧に解説してくださいました。
ワイン界を悩ませていたコルク臭をほぼ完璧に防ぐことができるクロージャーなので、海外でも主要なワイナリーで活用されています。

樽の役目 by Paul Pontallier
ソムリエ協会機関誌のNo.85(2005年7月15日発行)で特集した「樽についての大研究」で、シャトー・マルゴーのゼネラル・マネージャー(総支配人兼最高醸造責任者)だった故ポール・ポンタリエさん(2016年逝去)に、文書で、質問状を送り、回答をいただきました。その時は、FAXでの交信でした。
仲介をしてくださったのは、メルシャン(株)の藤野勝久シニアワインメーカー(藤野さんの娘さんとポンタリエさんの息子さんがフランスの学校で同級生でした)で、ボルドー大学で博士号を取得したポンタリエさんの論文が『赤ワインの小樽熟成について』だったことを藤野さんから伺っていたので「是非に」とお願いしました。


         以下は2ページにわたるポンタリエさんの樽考察です。
      5年間の機関誌編集長任期のなかで、最も印象に残る作業でした。クリックで拡大




今回ドメーヌ・コーセイがリリースしたメルロは、フレンチオークとアメリカンオークの2種の樽を使っています。ワインにとって、樽とは・・・ポンタリエさんがくださった回答から、その意味をご理解いただければ嬉しいです!

     ☆☆☆☆☆
2020年も大みそかを残すのみとなりました。
皆さま、コロナ渦中ゆえ、御身、くれぐれもご自愛くださいませ。
2021年が少しでも明るい年になりますように!!



                 ☆☆☆☆☆ 
 [NEW]追記(2021年3月10日付)  日本リカーがドメーヌ・コーセイのワインを限定発売!

      片丘メルロー アンフィルタード F14 ファイヴ・ローゼズ2019


     詳細は拡大してご覧ください


 販売は一部地域、百貨店中心
 一樽(300本)だけの入手ゆえ、初年度となる今回は販売先が限定されてしまいました。
 次年度、より数量が増えることを願っています。
 製品についてのお問い合わせは日本リカー株式会社事業部広報担当 03-5643-9772まで
 
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
ドメーヌ・コーセイ ブログトップ