So-net無料ブログ作成
シャンパーニュ研修ツアー ブログトップ

【プロローグ】 シャンパーニュ研修ツアー2019  [シャンパーニュ研修ツアー]

ランスの大聖堂からスタート


11月4日から10日までのシャンパーニュ研修ツアーも無事終わりました!
今回は6メゾンとCIVCの本部を訪問。たくさんの情報を得ることができました。
まずは、プロローグとして全体の流れをまとめておきます。
各メゾンでのリポートは後日アップいたします!!


微笑みの天使を背景にして集合写真

到着日最初の訪問はジュセフ・ペリエ

昨年と同じく、通訳は頼りになる岡田稔さん (中央オレンジのジャケット)



ジョセフ・ペリエで現当主ジャン・クロード・フルモンさん(左)とご子息で次期当主のベンジャミン・フルモンさん(右)も交えて。ベンジャミンさんは午前中にモロッコ出張から戻られたばかりでしたが、ランチで我々をもてなしてくださいました!


ロゼはピンク色のデザートと合せて


今回の訪問に関しては、気配り名人の取締役オットー・プシュヴィラさんとやりとりをさせていただきました。
前週に東京でオットーさんとベンジャミンさんとお目にかかっていたので、懐かしい再会気分、メゾンでの素晴らしいおもてなしに感謝しております!

シャンパーニュ委員会本部へ

日の丸のご配慮、とっても嬉しいです!



広報部長のフィリップ・ウィブロットさんからしっかりとレクチャーを受け、最新情報を伺うことができました。きちんとフィードバックいたします。


フィリップさんが送ってくださった記念画像、ありがとうございます。

マイィ・グラン・クリュではプレオ社長と


今夏、ジャン・フランソワ・プレオ社長が来日なさった折、輸入元オエノン(合同酒精)で、訪問の打ち合わせをしました。その折、お土産として、シルクの生地(着物の反物)をプレゼントしたのですが、私としては、テーブクロスやタペストリーにしていただければと思っていました。
そして・・・メゾンを訪問し、ランチ時、なんと、ぶどうの葉を配したテーブルクロス発見! 嬉しい対応に感激!


ランチは色どりがとても可愛くて、酒質の良いマイィのシャンパンと良く合っていました。時間が押していて、完食できず残念


施設の案内からテイスティングまで、すべてを担当してくださったプリオ社長に脱帽です。
ありがとうございました!

ルイ・ロデレールでは尊敬するレカイヨンさんと

ご多忙の折、テイスティングをご一緒してくださったシェフ・ド・カーブのジャン・バティスト・レカイヨンさん。私はjettingのことが直に聞けて良かったです。打てば響く太鼓のようなお方!


100点評価のクリスタル2008、1997年との比較でポテンシャルの凄さを実感できます。クリスタルはじっくり寝かせる価値あるシャンパンです。

アンリオでは最高のシチュエーションでランチ

18世紀のお城『シャトー・レゼルノワ』ではジル・ド・ラズィエール当主の優雅さが光りました!


ウエルカムシャンパンはキューヴ38、〆はエメラ!!!


レゼルノワでは姫の気分になりました。


庭師さんが手入れをしたばかりの美しい庭園。ジルさんいわく「自然と人間の手の依る作品」と。まさに一期一会のひとときになりました、感謝!

アンセルムさんと10年振りの再会!

参加メンバーのなかにはセロスファンが多くて、幸せな時間になったようです。
アンセルムさんは翌朝、イタリア出張とのことでした。相変わらず、お忙しい方ですね。

シャンパーニュ最終日はアヤラ

フェミニンなイメージのアヤラ


女性シェフ・ド・カーヴのキャロリーヌ・ラトリヴさんを囲んで。
宝塚的雰囲気ということで、女子たちが騒いでおりました(笑)


シャルドネ主体のメゾン、エレガントなスタイル


ランチはジェネラル・マネージャーのアドリアン・ムーフラールさんとご一緒できました!


しんがりはボランジェ!


ランスからパリに向かう車中から見た景色
モザイク模様の畑は黄金色、雄大な雲も迫力あり!

パリの自由時間に『ジュール・ベルヌ』

階段の先に直通のエレベータ~が


1時間毎のエッフェル塔のイルミネーション、美しいです!
来年も会いたいなぁ、エッフェル塔大好き!!!!!

nice!(4)  コメント(0) 

11月の講座はシャンパーニュ研修ツアーで訪問したメゾンにフォーカス [シャンパーニュ研修ツアー]

4日間で7メゾン


NHKシャンパン講座初の海外研修ツアーは成功裏に終わり、ブログ(11月11日付)にプロローグ編として全体の概要をアップ。おもてなしいただいた3メゾンでのランチ編はFBに載せてあります。訪問7メゾンの施設やテイスティングについては順次ブログにあげていきますので、よろしくお願いいたします。

今週21日は、ツアーに参加してくださった5名の意見を反映させながら、講座生の皆さんと訪問7メゾンのアイテムを比較試飲しました。


第1フライトはメゾンの顔ノン・ヴィンテージ

#1:フィリポナ ロワイヤル レゼルヴ ノン・ドゼ
生産者:フィリポナ(NM)
ぶどう品種:PN65%、M5%、CH30%
ベースワイン:2014年
リザーヴワイン:29%
デゴルジュマン:2018年1月
ドザージュ:0g/L
価格:7,000円・税別 (輸入元:富士インダストリーズ)
web: http://www.philipponnat.com/
フィリポナでは2種のリザーヴワインを使用。1946年からのワイン(No1)と2012年からのワイン(No2)をソレラシステムで保存。「古いワインに新しいワインを加えるとワインが生き返るので、No1を約20%、No2を約10%添加することで、フレッシュさと熟成感を備えたワインスタイルに」というのが持論。
ロワイヤル・レゼルヴには食事に合わせて楽しむドザージュ8g/ Lのタイプと、レセプションやテーブルから離れた用途で楽しむノン・ドゼタイプがあり、ノン・ドゼはフレッシュ、膨らみ、バランス

#2:シャルル・エドシック レゼルヴ ロゼNV
生産者:シャルル・エドシック(NM)
ぶどう品種:白ワイン95%、赤ワイン5%(レ・リセ産のPN)
ベースワイン:2012年80%(PN、CH、Mを3分の1ずつ)、残りの20%(PN、CH 使用。5年間キープしていたワイン)がリザーヴワイン
ドザージュ:11g/L
価格:10,000円・税別(輸入元:日本リカー)
web: https://charlesheidsieck.com/fr
シリル・ブラン シェフ・ド・カーヴは「シャルル・エドシックのテイスティングルールはまずロゼから」と語っています。メゾンの顔ブリュット・レゼルヴNVは10年以上熟成させたリザーヴワインを40%使っているので重厚感があるため、それより少しライトなロゼから、という考え方です。
サーモンオレンジ、柑橘系果実やアプリコットを思わせる酸。クリスピィ、エレガント

#3:ドゥーツ ブリュット クラシック
生産者:ドゥーツ(NM)
ぶどう品種:CH、PN、Mを各3分の1ずつ使用
ベースワイン:2015年
リザーヴワイン:40~45% (2013年、2014年)
ドザージュ:8~9 g/L (若いうちは9g)
価格:7,500円・税別(輸入元:ヴィノラム)
web: http://www.champagne-deutz.com/en#/home
1993年ルイ・ロデレール傘下。NV重視、リザーヴワインはシャンパンメゾンでも最多、フレッシュ、旨味

#4:ペリエ ジュエ グラン ブリュットNV
生産者:ペリエ ジュエ(NM)
ぶどう品種:CH20%、PN40%、M40%
ベースワイン:2014年
リザーヴワイン:15%(10年キープしているワイン)
ドザージュ:9g/L
価格: 6,850円・税別(輸入元:ペルノ・リカール・ジャパン)
web: https://www.perrier-jouet.com/en-ww/
溌剌として爽快、しっかりした酸、白い花、柑橘、GF、パイナップル、フェミニン

#5:ポル・ロジェ ブリュット・レゼルヴNV
生産者:ポル・ロジェ(NM)
ぶどう品種:CH、PN、Mを3分の1ずつ
ベースワイン:2013年
ドザージュ:9g/L
リザーヴワイン:25%程度(ベースワインの3つ前の年まで遡ったワイン/2010年、2011年、2012年)
価格: 7,000円・税別(輸入元:ジェロボーム)
web: https://www.polroger.com/en/contact-champagne
ドゥーツもポル・ロジェも3品種同率使用。前者は若々しく、後者はボディ感。ベースワインやリザーヴワインの違いがNVの個性として出ている印象、興味深い比較試飲に。


何処も忘れ難く・・・

第2フライトはシャルル・ド・ゴールゆかりの2メゾン

上のラベルは2010年に講座で供出した時の『キュヴェ・シャルル・ド・ゴール』、ドザージュ量は9g/Lでした。現行ラベルのほうがスマート、現在ドザージュ量は6g/Lなので3gほど減っています。


#6:ドラピエ キュヴェ・シャルル・ドゴールNV
生産者:ドラピエ (NM)
ぶどう品種:PN80%、CH20%
ぶどう樹はヴィエイユ・ヴィーニュで古くて50年、ノン・フィルター
ドザージュ:6g/L
価格:8,800円・税別(輸入元:テラヴェール)
web: http://www.champagne-drappier.com/en/contact
ドラピエの『キュヴェ・シャルル・ド・ゴール』は第18代シャルル・ド・ゴール大統領の兵役50周年を祝してリリースされたアイテム。ド・ゴール大統領が愛したメゾンであり、ド・ゴール氏の実家は至近距離でした。世界3大テノールのルチアーノ・パヴァロッテイは歌う前にドラピエを飲んでいた由。生地がきれい、バランス◎


#7:ローラン・ペリエ グラン・シエクル
第2次世界大戦時、ベルナール・ドゥ・ノナンクール前当主の上官だったド・ゴール氏。戦後、ローラン・ペリエから新たなシャンパンをリリースするのに際してド・ゴール大統領に相談。彼が命名したシャンパンが『グラン・シエクル(偉大なる世紀)』

生産者:ローラン・ペリエ(NM)
ぶどう品種:CH55%、PN45%
価格:24,000円・税込(輸入元:サントリーワインインターナショナル)
web: http://www.laurent-perrier.com/
現在市場に出ているのは作柄が素晴らしかった2004年、ストラクチュアと骨格の2002年、フィネス(繊細さ)の1999年の3ヴィンテージをブレンドしたタイプ。白い花や柑橘系果実、フレッシュ、スムース!

研修ツアー参加メンバーからの差し入れ

白かびチーズのブリア・サヴァラン、クリーミー
磯さん、古澤さん、塩見さん&小林さん、ご馳走様でした!


4種のショコラ


日比谷・松本楼小坂社長、六川シェフ、高橋ソムリエ、村上サービス責任者からの素敵な花束のプレゼント、ありがとうございました!


nice!(6) 

【プロローグ】シャンパーニュ研修ツアー、パリ色の余韻に浸りながら [シャンパーニュ研修ツアー]

第一次世界大戦終結100周年記念イベントのパリで

CDG空港に向う途中、国会議事堂が3色に染まっていて・・・
11月11日の第1次世界大戦終結100周年のイベントに絡む出来事でした!


5日から11日までのシャンパーニュ研修ツアーも完了し、無事帰還しました。
http://www.nippo-tourist.co.jp/kaigai-tour/france_181105.html
ブログがその間、空白になってしまいました。ご容赦願いますm(_ _)m

初日はフィリポナ、シャルル・エドシック

深夜便で出発し、早朝ランスに到着。
ランスにあるフジタ礼拝堂に立ち寄り、まずは最初の記念写真。礼拝堂は11月から来春まで閉館になっていますが、今年はレオナール・フジタ没50年なので記念になりました。

『フィリポナ(タルランから変更)』では畑から

45度の銘醸畑『クロ・デ・ゴワス』、“ゴワス”は重労働の意味です。
狭い階段をひたすら上って、景観の良い開けた空間に辿りつきました。


テイスティングではマーケティング&広報担当のニコレッタさんが対応してくださいました。

『シャルル・エドシック』ではシェフ・ド・カーブのシリル・ブランさん

パリで世界最高ソムリエ2000カナダ大会の覇者オリヴィエ・プシェさんとの試飲会があり、パリにお出かけすることになってしまったブランさんは、我々に素敵なプレゼントを用意してくださっていました!
それが何かは、リポートをお楽しみに!


2日目はローラン・ペリエから

シュヴァリエとオフィシエの称号をくださったメゾン『ローラン・ペリエ』では極上のおもてなし!
グラン・シエクルの醸造施設でLPのアンバサダー、サンドラさんと


日本・韓国担当のギヨームさんと前担当のジャン・クリスチャン(JC)さん
JCさんと久々に再会できてハッピー

2件目は『ドゥーツ』

広報担当重役のドゥ-ツ4代目ジャン・マルク・ラリエール・ドゥーツさんと輸出担当エリザベートさんと

有志だけでレ・クレイエール

スーシェフの馬田さんと記念ショット、厨房も見せていただきました!

『ペリエ ジュエ』の粋なはからい

前日の早朝に中国から戻られたばかりのシェフ・ド・カーブ、エルヴェ・デシャンさんはセミナーの講師、ランチもご一緒してくださいました!

2件目は『ポル・ロジェ』

アテンドをしてくださるはずだったローラン社長は用事があるとかでお出掛かけに。
楽しみにしていだだけに残念でした。案内役はシルヴィアーネさん


最終日はエペルネからトロワ方向へ

ミシェル・ドラピエ社長とマダム・ドラピエ
参加者全員がドラピエご夫妻のファンになってしまうほどのアットホームなおもてなし


ミッシェル社長とツアー参加者、ベランダの横にはシベリアンハスキーが!


訪問に関するわがままは、輸出担当のフィリップさんにメールで直談判していたのですが、フィリップさんの気遣いは素晴らし過ぎ。ツアー中、完璧な通訳をしてくださったボルドー在住のネゴシアン岡田稔さん。そのおふたりとドラピエの歴史ある居間で


4日間、サポートしてくれたドラーバーのテディさんを囲んで


フリータイムには夜景に映えるエッフェル塔、サントリーの重鎮と若手のコンビの計らいで、シャイヨ宮のテラスから5分間のライトアップタイムも楽しませていただきました、感謝。


ワインショップ『LAVINIA』で、故ポール・ポンタリエさんのオマージュワイン発見
2015年11月、シャトー・マルゴーを訪ねているので、ポンタリエさんが逝去なさった年は忘れられません。


ギャラリー・ラファイエットはクリスマスムード、かわいいツリー


プロローグで、訪問メゾンの対応者との画像をご紹介しました。
7メゾンのリポートは順次アップしてまいります。
引き続き、よろしくお願いいたします!


nice!(5) 
シャンパーニュ研修ツアー ブログトップ